WAZEは海外運転必須のアプリ!カーナビよりも便利な機能を紹介

マレーシア移住
スポンサーリンク

WAZEって知ってますか?

マレーシアではかなりポピュラーなアプリなのですが、日本では聞きなれないと思います。

WAZEはスマホのカーナビアプリです。

マレーシアで運転される方は必須で、運転しない方もGrabとかで運転手が頻繁に使ってるのを見たこともあるはずです。

読み方はウェイズでワゼではありません…(間違って笑われたことあるw)

マレーシアではそもそもカーナビが搭載されている車ばかりではありませんし、あってもそれを使わず、WAZEを使っている人も多いです。

なので、なぜそれほどまでしてWAZEを使うのか詳しく解説したいと思います。

これを読んでぜひWAZEをダウンロードして活用してください。マレーシアはもちろん、海外では人気ですし、日本でもユーザー数は比較的少ないながら対応しています。

WAZEのメリット
  • 通行止めや新しい道の対応が早い
  • 渋滞を考慮して最適な道を提案してくれる
  • 速度制限取り締まりや警察の情報も教えてくれる
  • 無料
WAZEのデメリット
  • 設置する場所によっては邪魔
  • 広告がたまに表示される
スポンサーリンク

WAZEとは??

イスラエルで起業したWAZE MOBILEが開発しているGPSカーナビアプリです。2013年にGOOGLEが買収し、傘下に入っています。

GOOGLEだけじゃなく、APPLE、FACEBOOKも買収を計画していたようです。今後どんどんGOOGLE MAPとの連携が進んでいくでしょう

WAZEのメリット

WAZE最大のメリットはオンラインで使うため、道路状況の変化が逐一わかることではないでしょうか。

詳しく紹介していきます。

通行止めや新しい道の対応が早い

あれナビ上は一本道なのに十字路出てきた!みたいなこと古いカーナビではありますよね?

あるある!山とか海の中走ってたりw

WAZEは更新が早く、実際の道路とナビとの違いが限りなく減ります。マレーシアではユーザー数も多いため、工事中はもちろん、落下物があったりしてもWAZE上で情報共有して、知らせてくれます。

こんな感じで今走行中のユーザー(公開している人のみ)はアイコンで道路上に現れます。アイコンは自分でお気に入りをチョイスできます。

こういうアイコンは運転なのにOKなの?って時々思うけど…

渋滞を考慮して最適な道を提案してくれる

道路状況をユーザー同士共有しているので、渋滞情報はすぐ集まります。日本の従来のカーナビでもこの機能はあることも多いのですが、正確さはWAZEのほうが上かなと思います。

とくにクアラルンプールは朝夕の通勤渋滞が日常的のため、有難いですよね。

道はわかっていてもWAZEを使う人も多いです。

運転中に到着時間の短縮を提案されることも

速度制限取り締まりや警察の情報も教えてくれる

速度制限取り締まりや警察の情報も教えてくれるだけでなく、隠れているかどうかまで言及してくれます。

速度取り締まり以外にも検問とかあるので知ってマイナスではないですよね。

安全運転が基本だよ!

無料

無料なのでカーナビ要りませんよね。スマホがあれば使えます。

ネット通信料くらいですかね必要なのは。

WAZEのデメリット

デメリットは強いて言うなら2つあります。

設置する場所によっては邪魔

スマホで表示するので多くの人がフロントガラスに専用ホルダーで取り付けています。視界の妨げになりますね。

フロントガラス正面に固定している人もいて危なそうだよね

広告がたまに表示される

そこまで頻度は高くないのですが、運転中に広告が表示されます。できれば運転前とかにしてほしいです。

急にSUBWAY提案されてもいかないよ

まとめ

WAZEのメリット
  • 通行止めや新しい道の対応が早い
  • 渋滞を考慮して最適な道を提案してくれる
  • 速度制限取り締まりや警察の情報も教えてくれる
  • 無料
WAZEのデメリット
  • 設置する場所によっては邪魔
  • 広告がたまに表示される

僕は使っていませんが、ほかにもチャットができたり、WAZE CARPOOLという相乗りアプリを開発してたりと面白い会社です。

どんどん新たな機能が追加されていくので、日本でも流行ったらいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました