マレーシア語の勉強を始めた理由まとめ。ビジネスでも役に立つ?

マレーシア移住
スポンサーリンク

突然ですがマレーシアの公用語って知ってますか?

マレーシアの公用語はマレーシア語です。

マレーシア人は元々この地域に住んでいたマレー系、中国から渡ってきた中華系、インドから渡ってきたインド系の3種の人種で主に構成されています。ですので、それぞれのオリジナル言語があります。

マレーシア語はそのマレー系が使っていた言語です。それを公用語として設定しています。

マレーシアは多民族国家のため、英語がかなり通じるのですが、ローカルレストランなどでは通じない場合もあります。

ですが、ローカルの学校ではマレーシア語を国語として教育するので、それで意思疎通を図ることができます。

英語で生活は不自由ありませんが、せっかくマレーシアに移住したので、マレーシア語を勉強しようと思います。

あまりマレーシア語の学習についてまとめたブログがなかったので、これからこのブログで記録していきたいと思います。

今回は勉強を始めるに至った理由を書いていきたいと思います!

マレーシア語を始めた理由
  • ローカルの方と仲良くなり、より生活に溶け込みたい。
  • インドネシア語と近いため、話者数も多く、仕事上も役に立ちそう。
  • 日本人にとって最も簡単な言語という噂。
  • 学習環境として最適。勉強しないのが勿体無い。
スポンサーリンク

ローカルの方と仲良くなり、より生活に溶け込みたい。

外国人が日本に来て一生懸命日本語を話してくれると嬉しい気分になりますよね。それだけ日本が好きで努力している姿に好感がもてます。

それがとても流暢だったら、より一層なのではないでしょうか?

また最初に書いた通り、英語が通じないレストランも少しはあります。会社でもオフィスの方は英語が通じるのですが、工場の方は通じないこともあります。

その場面もマレーシア語が使えれば、便利なのにと思います。

これは勉強し始めて気づいたことなんですが、その国の言語は文化を色濃く反映していて知識としても興味深いです。

日本でも同様ですよね。

国語から学べることもいっぱいあるしね

インドネシア語と近いため、話者数も多く、仕事上も役に立ちそう。

マレーシア語はオーストロネシア語族(台湾から東南アジア島嶼部、太平洋の島々、マダガスカルに広がる語族)に分類されます。島々の方言がそれぞれ枝分かれし、マレーシア語、インドネシア語、タガログ語(フィリピン)となりました。

それぞれ兄弟言語で、特にインドネシアとは共通点も多く、意思疎通もできるそうです。

インドネシアは人口も世界4位(2.6億人)でGDP共に上昇傾向です。

アジア諸国への出稼ぎも多いため、人材の活用、今後も成長していくということからも世界への影響力は高いと思います。

よって勉強する価値は高いんじゃないかと思います。

今の仕事上もインドネシアは担当区域のため、即活用できると思います

日本人にとって最も簡単な言語という噂。

これは噂なのですがw

マレーシア語は日本人にとって比較的容易と聞きます。

確かに文字はアルファベットでタイ語やアラビア語のように見たこともないような文字ではありませんし、ローマ字読みでだいたいいけます。

あとけっこう大雑把なところもあります。

he/his/him/she/her/hers → 全部マレーシア語ではdia

逆に語順間違うと意味がわからなくなるから難しそうでもある

ローカルの人も簡単と言うのですが、真相は・・・。

やってみないとわからないですねw

ネットでは3ヶ月で簡単な会話ができるようになると言いますが、果たしてどうなのでしょうか?

学習環境として最適。勉強しないのが勿体無い。

今の学習方法として仕事から帰って勉強。翌日に朝か昼に仲の良い同僚にわからないところ確認するというサイクルでやっています。

環境的には最高すぎます。無料ですし

英語は長期留学経験もないし、苦労しました。この環境を生かさないのは逆に勿体無いとすら思います・・・

それにネイティブから説明を聞くのは楽しいですしね。毎日レベルが上がったのをチェックしてもらえます。

まとめ

とりあえず、毎日1日1時間から進めていきます。

学習方法についてはまた今度の機会に書こうと思います。

マレーシア語を始めた理由
  • ローカルの方と仲良くなり、より生活に溶け込みたい。
  • インドネシア語と近いため、話者数も多く、仕事上も役に立ちそう。
  • 日本人にとって最も簡単な言語という噂。
  • 学習環境として最適。勉強しないのが勿体無い。

それではSelamat jalan(スラマットジャラン)〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました