マレーシアのサービスまとめ。日本より便利な暮らしができるかも!?

マレーシア移住
スポンサーリンク

マレーシアは日本から飛行機で8時間と遠く離れた国。それほど日本には情報が来ないため、移住する前は同僚や友人、親族などさまざまな人から「大丈夫か?」と聞かれました。

僕も日本人が移住したい国トップであることは知ってましたが、それ以外は他の東南アジア諸国と同じような生活になるのかと思ってました。

でも来てみるとかなり発展していて、生活で困ることはほぼないよね

そうなんです!便利なことがいっぱいあるのです!

日本でできることはマレーシアでもだいたいできます。もちろん一部不便なところはありますが、マレーシアのほうが便利なんじゃないかなと思うことも多々あります。

今回はマレーシアに実際に住み、便利だと思ったサービスをまとました。

例えば東南アジアで一般的なGrabは低価格でタクシー、フードデリバリーができるため手軽です。

スマホ決済のため、ぼったくりの可能性も下がります。

海外でタクシーなんてぼったくりばかりだったから、これは本当にありがたい!

日本ではまだUberEatsが首都圏のみの展開に留まっています。

移住前であれば不安もあると思いますが、日本にはない便利さもたくさんあるので紹介していきますよ。

スポンサーリンク

スーパーマーケットの買い物が代行できる

マレーシアは車社会なので朝夕の通勤時間ともなれば大渋滞です。

うちは近くにスーパーもないため、買い物は車が必須です。

お水買い忘れとかでまたスーパーまで車出すのが本当にめんどくさい!!

それで使い出したのが、HappyFreshです。

GrabFoodのスーパー版みたいな感じなのですが、宅配員がそれぞれ近隣のスーパーで買い物して届けてくれます。

日本でもネットスーパーはありますが、物流センターやその店舗からの出荷でスーパー直接の取引になります。

このHappyFreshは実際に買い物するわけなので、目的に分けてスーパーを使い分けられるし、クーポンも豊富なのでウィンドウショッピングするだけでも面白いですよ。

当日配達から時間も細かく指定できます。

在宅勤務で英語話せない私でも注文楽々。

重い荷物を運べない女性には特におすすめです。

ネットショッピングも商品豊富

日本の通販といえば、Amazon、楽天、Yahoo!でしょうか。

とても便利で僕も日本ではよく使ってました。今でも楽天カードでポイントためて、電子書籍を買ってます。

ですがこれらのネットショッピングは東南アジアには進出しておりません。(買えることは買えるみたいですが)

そこでこれらに変わって、広く普及しているのがLAZADAです。

シンガポール発祥で現在は中国アリババの傘下です。東南アジア一帯はネットショッピングといえばLAZADAくらいの知名度があるみたい。

使ってみた正直な感想としてはAmazonのほうがサービスは良いかなと思いますが、ラインナップ豊富で十分便利です

SIMフリースマホで通信費節約

外にあまり出ないとはいえ、事務手続き上、現地の電話番号は必要ですよね

僕は会社スマホ支給でプライベートも使用可能なのでそのまま使っているのですが、やんは在宅勤務&英語話せないから週末以外はほぼ自宅にいます。

そのため、スマホは通信量もミニマムでなるべく節約したかったのです。

正直、wi-fiだけでも困らないかもしれませんが、Grabとかのアプリ登録ですら現地の電話番号必要ですからね。

結果、Hotlink(Maxis)のPostpaid Flex1GBプランを契約しました。安くて満足しています。

まとめ

マレーシアは様々な人種が入り込み、それぞれの文化が溶け合いさまざまな需要に向けたサービスを展開しています。外資企業も多く進出しており、これからどんどんサービスは発展していくと思います。

それにまだまだおもしろそうなサービスがたくさんあります。

できるだけいろいろ試してみたいですね!

この記事で紹介した過去記事はこちら!

マレーシアに関するほかのまとめはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました