日系に現地採用で働いて感じた転職前に知るべきメリットとデメリット

マレーシア移住
スポンサーリンク

現地採用としてマレーシアで働き始めて2ヶ月が過ぎました。まだまだ初心者ですが、日系企業で営業をしていて良いところと悪いところがだんだんと見えてきたので、今感じている思いを素直に書いていきたいと思います。

なかなか日本ではイメージしづらいと思うので、これから海外に出たいという人は参考にしてください

始めに書いておくと、日系企業の現地採用は一長一短あると思います。

転職活動中に記事でも書いたのですが、思い描いたのと違ったところ、成長に繋がるところ。理想と現実は完全に一致しません。

特に日系なので日本人的な振る舞いが求められることは日本でも海外でも変わらないかなぁと。

ただし、自分の英語力、経験を加味して一番門戸の広い転職先が日系企業だと思います。なので考え方次第で全然アリなのかなと。

スポンサーリンク

日系企業への現地採用のメリット

メリットしては以下のような感じです。

日系現地採用のメリット
  • 英語力は完璧を求めないので転職難易度がそこまで高くない
  • 海外のビジネスが経験できる
  • 安定した海外生活ができる

海外就職の目標は以前もまとめているのでよろしければ参考にしてください。

英語力は完璧を求めないので転職難易度がそこまで高くない

日系なので何人か日本人の駐在員もおり、ローカル社員も日本人の英語訛りに慣れています。なので少々不完全な英語でも汲み取ってくれます。

また伝え方もかなり丁寧です。

これは非英語ネイティブの国だからなのですが、いくら彼らが流暢でもそれほど難しい言い回しはしないので海外就職の第一ステップとしては良いと思います。

だだ日系とはいえ、海外にある会社です。

コミュニケーションを積極的に取ろうとすれば英語を使うチャンスはいくらでもあります。

異文化を共有するのは海外生活の醍醐味でもありますよね。

海外のビジネスが経験できる

日系でも取引先はさまざまです。

そのためビジネスは日本人とだけではありませんし、日本では起こり得ないようなトラブル・商法などに対応することでスキルアップできます。

日系だからといって何から何まで日本と同じではありません。

文化が違うと考え方もマネジメント方法も違うから勉強になる

安定した海外生活ができる

僕は子どもはいませんが妻と来ています。

日系は給料や保証が安定しているので、生活面の不安が軽減されます。

例えば医療費など、熱を出して病院に行ったときもしっかり会社に支払ってもらいました。

保険制度など国によってさまざまですが、不完全な部分を補ってくれるのは日系企業では多いので、メリットとして挙げました。

保証は日本基準で考えているので日本人にはありがたいです。

日系企業への現地採用のデメリット

では逆にデメリットはどうでしょうか?

もちろんここは外資・ローカルのほうがいいんだろうなと思うことはあります。

主なものが以下です。

日系現地採用のデメリット
  • 日本人としての振る舞いが求められる
  • 受け身の姿勢では日本企業と同じ
  • 駐在とは待遇に違いがある

日本人としての振る舞いが求められる

日本の文化を理解しており、日本語ネイティブを採用したい考えで企業も採用募集しているので仕方ない部分もありますが、日本人的振る舞いは求められます。

日本人だけの飲み会とか、付き合いとか、働き方とか。

全部の企業がそうではありませんが、日本人的振る舞いが嫌で海外に来たという人はよく考えた方がいいかもしれません。

僕も割とホワイトな企業に当たっているので残業を強制されることはありませんが、お酒の付き合いはあります。

受け身の姿勢では日本企業と同じ

メリットと反するのですが、受け身の姿勢では日本で働くのとそれほど変わりません。

成長のチャンスはあるけど自ら動かなければ何も得られないです。

実際、何年もいても全く英語が話せない人も多く見ますし、日本人コミュニティから出ようとしない人も思ったより多いです。

お昼、ゴルフ、飲み会、全部日本人だけで完結しちゃいます。

駐在とは待遇に違いがある

待遇については最初からわかっているため僕はそこまで気にならないのですが、人によっては嫌かもしれませんね。

確かに給料や帰国補助、手当てなど差は小さくはありません。

とはいえ企業も駐在員より安く雇用したいと考えて募集しているので、ここは割り切ったほうがいいかなと思います。

これが同じなら日本から駐在員を派遣したほうがいいですからね。

ただ、ものは考えようで経験>お金であれば現地採用は時期・場所の自由がきいていいと思います。

駐在ではいつそのチャンスが来るかわからないし、どこの国か選べない。いつ帰任するかも決まってないことが多いです。

ただ日系企業は現地採用でも終身雇用制からか長く働くことを求められますが、これだけは僕も納得できないですね。

長く働かせるなら駐在員とのギャップをつくるべきではないと思います。

年齢によって考え方が分かれるポイントです

まとめ

僕は日系企業はその地に永住したい、先を見越してキャリアアップしたいという目的ならばアリだと思います。逆に給与アップや日本の働き方が嫌という方は別の選択肢のほうがいいかと。

いずれにしてもメリットとデメリットはしっかり把握して転職するのがベターかと思います。

日系現地採用のメリット
  • 英語力は完璧を求めないので転職難易度がそこまで高くない
  • 海外のビジネスが経験できる
  • 安定した海外生活ができる
日系現地採用のデメリット
  • 日本人としての振る舞いが求められる
  • 受け身の姿勢では日本企業と同じ
  • 駐在とは待遇に違いがある

マレーシアの移住生活についてはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました