マレーシア転職の給与はどうなる?税金を引いた手取りはこうなった

マレーシア移住
スポンサーリンク

転職、マレーシアの企業に内定もらった~

しかも役職もアシスタントマネージャー!!

マレーシアって物価安いって聞くけど、給料ちゃんと上がるの??

日本は税金高いっていうけど、実際の手取り金額はどうなるのかな~??

兼ねてから海外転職に挑戦してたんですが、なんとか1社、マレーシアの企業から内定をもらいました。

役職もつくため、待遇もUPです。

住宅手当など各手当込の月給は30万円から10,550MYR(マレーシアリンギット)になります。

1MYRが約27円なので、円換算だと284,850円です!!

え!!下がってない??

あれ??

コンサルタントさん、経験からすると好条件って言ってたんだけどなぁ

「物価が日本に比べて安いから」ってことなのかなぁ??

物価が安いとはいえ、いつかは日本に帰る可能性もあるし、やんはフリーランスのため、日本で確定申告をします。

実質の手取りではどのくらいの差があるのかを知らないと比較できないですよね。

それを知るべく、今回はマレーシアの税金について比較しました。

スポンサーリンク

日本の控除額

マレーシアの前に日本の控除額についてです。

給与から引かれている税金は所得税、住民税でした。

さらに健康保険、雇用保険、その他・・・

すべて合わせて50,000円でした。

つまり手取り額は250,000円です。

【日本での年収】

(月収)

300,000円ー50,000円(厚生年金を除く社会保険、所得税、住民税、その他諸々)

=250,000円

(年収)

250,000×12か月+850,000円(賞与)=3,850,000円

約20%が毎月財布から抜けてるんだよね

もともとそこまで高くないからきついね

ここから家賃、駐車代、光熱費とか固定費がさらにかかるもんね

マレーシアの控除額

  • 税金
  • 所得税
  • もろもろ税金以外の意外な待遇

税金

住民税
現在マレーシアには住民税がありません。

固定資産税
これも日本と比較すると格安です。都市や住宅地か商業用地かにより税率は変わって来ますが、一般的な100平米程度のコンドミニウムを所有した場合、年間RM1,000(約30,000円)が目安です。

所得税
日系企業の駐在員等でマレーシアで所得が発生する場合、現地で所得税が発生します。居住者と言う182日以上マレーシアに居る外国人は累進課税で、最大28%の税率となります。非居住者の場合、マレーシア国内での収入に対して一律28%の課税となります。マレーシアで賃貸不動産を所有して現地で賃貸収入がある場合、現地の所得税が適用となります。

海外を源泉とする所得に関する税金
マレーシアは国外を源泉とする所得をマレーシアに持ち込んでも課税し無い、というスタンスを取っています。マレーシアにロングステイする日本人が日本国内で受け取る年金や他の収入をマレーシアに持ち込んでも課税される事はありません。

コスモスプランのマレーシア不動産サイト

住民税がないというのは大きいですね。

主な税金は所得税くらいです。

マレーシアで就職するため、もちろん就労ビザを発行でき、日本の住民税も課税対象から外れることができます。

具体的なところでいえば、年間での海外在住日数、職場、住所などの基準がありますが、海外就職では申請すれば日本の住民税は課税されないでしょう。

ちなみになぜ住民税がないかというとマレーシアは石油や天然ガスを生産する資源国家であるため、国民や企業に多く、課税せずとも成り立つのだそうです。

日本と比べると羨ましいかぎりだね

所得税

所得税は日本同様に累進課税制度です。

所得は10,550MYRのため、ざっくり年収は月収12か月分+賞与2か月分で147,700MYRほどとなり、約15%の課税です。

詳しい計算は下の表を確認してください。

Chargeable IncomeCalculations (RM)Rate %Tax(RM)
0 – 5,000On the First 2,50000

5,001 – 20,000
On the First 5,000 
Next 15,000

1
0
150

20,001 – 35,000
On the First 20,000
Next 15,000

3
150
450

35,001 – 50,000
On the First 35,000 
Next 15,000

8
600
1,200

50,001 – 70,000
On the First 50,000 
Next 20,000

14
1,800
2,800

70,001 – 100,000
On the First 70,000 
Next 30,000

21
4,600
6,300

100,001 – 250,000
On the First 100,000 
Next 150,000

24
10,900
36,000

250,001 – 400,000
On the First 250,000 
Next 150,000

24.5
46,900
36,750

400,001 – 600,000
On the First 400,000 
Next 200,000

25
83,650
50,000

600,001 – 1,000,000
On the First 600,000 
Next 400,000

26
133,650
104,00

Exceeding 1,000,000
On the First 1,000,000 
Next ringgit

28
237,650
……….

Inland Revenue Board Of Malaysia

100,000MYRは10,900MYRが課税され、残りの47,700MYRに24%(11,448MYR)の課税がなされます。

そのため合計の課税額は22,348MYR(15%)です。

またここから配偶者控除もありますので、これより下がります。

※滞在日数は182日までは非居住者として最大掛け率の28%が適応されます。
 企業によって負担するしないの待遇が違いますので要注意しておいてください。

もろもろ税金以外の意外な待遇

税金ではないのですが、内定もらった企業は土日利用可で車貸与でした。

ほかのアジアの国は日本と交通状況が違いすぎるから、車の通勤を禁止する国も多いですが、マレーシアでは自分で運転が主のようです。

とはいっても車貸与は面白いですね。

また健康保険も会社負担になります。

海外では健康保険は皆保険でないため、この辺りは企業によりけりですね。

まとめ

【マレーシアの給与】

(年収)

10,550MYR×12か月+21,100MYR(賞与)ー22,348MYR(所得税)ー10,000MYR

(固定資産税)=115,352MYR≒3,120,000円(1MYR≒27円)

※配偶者控除のため、もう課税額は下がる

日本での年収が3,850,000円だったのに対し、マレーシアでは3,120,000円だから、730,000円下がっちゃうね

まあ、車の維持費が減るのと物価が下がるのでどこまでカバーできるかだね

これは生活レベルによる

賞与の差が大きいね(マレーシアの賞与は2か月前後が普通)

・マレーシアは住民税がなく、最大で28%の累進課税性。僕の場合は15%でした。

・マレーシアは賞与が2か月前後が普通のため、日本と差ができる可能性が高い。

・そのため、月収では増えても年収では下がる可能性もあるため、要注意が必要。

※けっこうざっくりした計算のため、参考程度にしてください。
 僕の給与も概算です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました