Grabは東南アジアで必須のアプリ。配車以外もメリットたくさん

マレーシア移住
スポンサーリンク

マレーシアで一番有名な配車アプリといえばGrabですよね。

東南アジアに在住の方はおなじみかと思いますが、Grabは配車だけでなく、フードデリバリーや電子決済のようなサービスも提供しています。似たような企業はUberですね。

Grabは東南アジアで高い競争力を誇り、Uberは同地域から撤退したようです

うちではGrabの配車、フードデリバリー、電子決済のすべてでとてもお世話になっているので、その便利さを説明していきますね。

Grabの便利なところ
  • GrabCarでは事前決済でぼったくりや金銭交渉なし
  • GrabFoodではレストランから直接デリバリー。しかもクーポンがお得
  • GrabPayではリアル店舗でも買い物できて、ポイント一元化
スポンサーリンク

Grabとは??

グラブ(英: GrabTaxi Holdings Pte Ltd)は、シンガポールミッドビュー・シティに拠点を置く配車アプリ運営企業である。マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、カンボジアで自家用車向けGrabCar、オートバイ向けGrabBike、相乗りサービスGrabHitch、配送サービスGrabExpressおよび決済サービスGrabPayを提供している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%96_(%E4%BC%81%E6%A5%AD)

アンソニー・タン氏がマレーシアで創業したMyTeksiが発祥でその後、Grabに名前を変えて、シンガポールに本社を移転しました。

マレーシア生まれ、シンガポール育ちの企業ですね。

配車はぼったくりの心配が少なく、支払いも現金不要

東南アジアでタクシーに乗るのは一昔前ではかなり危険なイメージでした。

僕も学生時代にタイでバックパック旅したことあるのですが、とにかく言われたのは「流しのタクシーに乗れ」ということ。つまりキャッチはぼったくられる確率が高いのです。

日本人なんて英語があまり話せず、無用心な方が多いためかすぐにぼったくろうとしてきます。

メーター動かさず相場がわからない旅行者に倍以上の値段をふっかけたり、最悪、暴力もあるようです。

あのときは日本語を話せるタイ人ほど怪しかったなあ・・・

タクシーはまず疑うので人間不信になりますねw

ですがGrabCarではアプリで事前決済ができます。そのため、まずぼったくりの可能性が低いです。事前に行先とお金を指定、チェックできるため交渉の必要もありません。

また安全性に関してもドライバーの評価が乗る前に確認できます。これはサービス後に利用者がドライバーを評価できるシステムを反映しています。今まで星4以下のドライバーは見たことないのですが、あまりにも評価の低いドライバーはマッチング後すぐならキャンセルも可能なので、これも抑止力になりますね。

日本では配車アプリがあまり一般的ではないので、イメージわかないかもしれませんが、登録タクシーの数も多いので、がんばって流しのタクシーを捕まえるよりGrabCarのほうがかえって効率的かもしれません。

このように登録している車が地図上に反映されます。

フードデリバリーは多種多様なレストランからチョイスできる

一番僕たちが使っているのがGrabFoodです。

近隣のレストランから料理をそのまま配達してくれるのですが、何よりすごいのは価格です。

日本ではデリバリーは1500円以上みたいに下限があるのですが、Grabはそれがありません。選択肢も豊富です。

デリバリー手数料でRM5(130円)ほどかかるのですが、驚くのはクーポンも豊富なことです。30%オフはざらで時には50%オフもあります。

手数料考えても宅配のほうが安いなんて

競合も多いから、かなりクーポン合戦も加熱してるよね

日本ではフードデリバリーは高いという認識で控えていたのですが、GrabFoodを使い始めてからこれが手放せませんね。もう週2〜3は使ってます。

リアル店舗でも電子決済で支払いできる

電子決済サービスGrabPayもあります。

これはレストラン中心に広がっており、今後もっともっと拡大してほしいサービスです。

マレーシアでクレジットカードを作成するのは移住したばかりの人にとってはハードル高く、電子マネーであれば必要な分チャージするだけなので誰でも登録できます。

日本のクレジットカードでもできますが、僕はオンラインバンキングでチャージしています。

このGrabPayでGrabCar、GrabFoodも支払いしています。配車もフードデリバリーもマレーシアには競合がたくさんいます。ただトータルで展開しているのはGrabだけなので、その部分で便利さは感じています。

すべてこのGrabPayで支払うことでポイントも一元化でき、どのサービスにもポイントは使えるため、汎用性も高いです。

なるべくシンプルに使いたい方はGrab一択ではないでしょうか?

まとめ

Grabの便利なところ
  • GrabCarでは事前決済でぼったくりや金銭交渉なし
  • GrabFoodではレストランから直接デリバリー。しかもクーポンがお得
  • GrabPayではリアル店舗でも買い物できて、ポイント一元化

日本はタクシー業界の保護という観点からUberなど配車アプリには規制がかかっています。それに対してマレーシアを含む東南アジアではこのGrab以外にもGojekやMyCarなどどんどん新たなサービスが乱立しています。

GrabFoodでは完全歩合性になるのでたくさん配達するため、危険運転なども問題になっているようですが、この分野の成長は著しく、人々の生活を一変させたことは間違いありません。

個人的にはGrabPayがもっと普及すれば便利かなと思います。

IT化で躍進した良い例ですね。今後にも注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました