マレーシアの電気はアプリで払える。請求書がなくても、スマホで完結

マレーシア移住
スポンサーリンク

電気代の請求書いつまでたっても来ないんだけど、これいつくるの?

確かに毎月14日までの支払いなのにもう8日だね

マレーシアの電気はほぼテナガ・ナショナル(Tenaga Nasional Berhad:TNB)が供給していると思うのですが、その請求書が通常は郵便で届くはずなんです。

なんですが・・・。

待てど暮らせど来ない!!

これはLAZADAであった部屋番間違って配達したパターンか??

というわけでオーナーに相談したのですが、オーナーも海外にいて対応できないみたいです。

なので紹介してもらったのがTNBのアプリです。

これであれば、紙の請求書を電子管理できるし、支払いもわざわざコンビニやATMまで行く必要ありません。非常に楽チンだったのでこのアプリを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

登録にはパスポートとオーナーICが必要

アプリを開いて登録するのですが、アカウントNO.とオーナーのICが必要です。これは自分ではわからないので確認してください。

オーナーのICとかは契約書にも載ってますこと多いですよ

また自分のパスポートNO.も必要です。

初回の支払いから使えますので、一回もATM行く必要ありません。

ダッシュボードで電気代を管理

ダッシュボードを開けば月別の支払い状況を管理できます。

“Current Bill”今月の請求額明細を確認できます。これは紙と同じなのでよく確認しておきましょう。

支払いはネットバンキングで可能

支払いは“Pay”をタップします。

支払い方法は従来通りと変わりません。コンビニやATMでも払えますが、クレジット(デビット)カード、ネットバンキングが楽なので、ネットバンキングで払うことにしました。

“FPX”をタップして登録している銀行にログインして支払います。

CIMB Clicksを使っているのですが、家賃の支払い、スマホ代もこれでしているので一括でできて便利です

入力した支払い金額、電気代、オーナーや自分の登録情報に間違いがないかよく確認して確定してください。

まとめ

TNBの電気代支払いはアプリがおすすめ
  • 万一請求書が届かなくてもスマホでできる。
  • 電子管理ができ、月ごとにいくら使ったかが簡単に確認できる
  • 支払いはクレジット(デビット)カード、ネットバンキングでできる。

電気代の支払いはめんどくさくて忘れがちなのでなるべく楽にやりましょ〜

移住してから最初にやったことのまとめはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました