ハワイのビーチはハナウマ湾がおすすめ。ワイキキから30分でウミガメもアザラシもコンプリート。

海外旅行
スポンサーリンク

せっかくハワイに来たからきれいな海で泳ぎたい!

あらゆる情報をかき集め(ネットとガイドブックで)、ワイキキ近くでアクセスよく、きれいなビーチを発見したので、今日はそのレビューです。

ハナウマ湾(ハナウマベイ)

f:id:ocha-yumyum:20181104103846j:plain

ハナウマ湾 (Hanauma Bay) は、アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島南東部にある湾である。火山の噴火によってできたもので、タフリングに分類される[1]。

現在では観光地として地元の人々や観光客から親しまれている。正式名称はハナウマ湾自然保護区(Hanauma Bay Nature Preserve)。英語ではHanauma Bayというため、ハナウマベイとも呼ばれている。入場料は1人1日につき$7.50[2]。12歳以下の子供とハワイ州居住者は無料である。

引用:ハナウマ湾 – Wikipedia

自然保護区であるため、ビーチに入るにはお金がかかるし、自然保護に関するビデオも見なければいけない。けっこう制約も多いんですが、それだけ以上の価値がある場所だったので紹介したいと思います。

ワイキキからもそれほど遠くないため、短期滞在で少し都会から離れたビーチでのんびりしたいという方おすすめですよ。もちろん数々の熱帯魚やウミガメが見れるだけでなく、運が良ければアザラシも見えます。

スポンサーリンク

ワイキキから車で30分、ツアーで行くのがおすすめ

有名ホテルが立ち並び、日本人旅行者も多いワイキキからそれほど遠くありません。そのためバス、タクシーでもいけますが、以下の理由でツアーを利用しました。

・夫婦二人でハワイ滞在期間は実質2日半で時間がないため、効率的に回りたい。
・ツアーであればガイド付きでポイントを熟知しているのため、シュノーケルでウミガメに会える確率が上がる。
・安心

まあ、最後の安心というのは僕も英語ある程度使えるし、無視していいんですが、最も重視したのはウミガメですね。ハワイだから大阪ではできない体験したいですし。

価格は2人で134ドルでした。ここからチップと入館料加えて160ドルくらい。

※ちなみにツアーは日本人向けのもの多いですから、今回もガイドさんアメリカ人でしたがバリバリ日本語通じました。

ガイドさんがホテルまで迎えに来てくれたのでストレスフリーでした。時間がない人にはおすすめです。

シュノーケル開始5分でほどでウミガメに遭遇。

ツアー客は僕たち夫婦2人と旦那とは別行動というアメリカ人女性の3人でした。10月はハワイでは雨季のため、やや閑散期です。そのため人数も少なくスムーズに進んでいきました。でも僕が申し込んだツアーはガイド1人に対し、客は10人までと決まっているみたいなので、繁忙期でもそこまでストレスにはならなそうですね。

また少し肌寒いかとも思いましたが、この日(11月)はウエットスーツなしで海へ入れるくらいでした。(気温は30度下回っても、水温はそれなりを維持しています。)

ビーチについて準備、水が腰下くらいのところで軽くレクチャーを受け、いざシュノーケリング。

ちょっと足がつく場所で練習して即、ガイドさんが声をかけてくれました。きれいな魚の群れには目もくれず、一直線に目的地へ!

f:id:ocha-yumyum:20181104111929j:plain

ウミガメ!!

岩礁の藻をムシャムシャと。

ウミガメに会うまでの所要時間は5分足らず。ガイドさんが即発見してくれました。

最初の自然保護ビデオで見たのですが、このハナウマ湾では生き物へ触ることを禁止されています。だから触らないようにするんですが・・・。

f:id:ocha-yumyum:20181104112335j:plain

もう触らないのが難しいくらい近くまできます。

ほかの魚もそうなのですが、人間が危害を加えないとわかっているからか全く恐れていません。このウミガメも徐々に人が周りに増えていくのもお構いなしに同じ地点で食事し続けます。ここまで間近で見られるのも自然保護区ならではですかね。

今度はビーチにアザラシが!!

しばらくウミガメを見た後、水中散歩を楽しんでいたのですが、またガイドさんが一言。

「ビーチにアザラシいるよ。」 

え?アザラシってハワイにいんの?南極とか北極だけなんじゃないの?

正直、冗談だと思いました。(おしゃべりなおもしろいガイドさんだったので)

f:id:ocha-yumyum:20181104113118j:plain

ん?なんか黒い物体に人が集まっているような・・・。

さらに近づく。

f:id:ocha-yumyum:20181104113152j:plain

うわ。アザラシや!!

いるんですね。ハワイにも。

初めて野生のアザラシ見ました。

実はこのアザラシ、正式名称をハワイアンモンクアザラシというんですが、かなり貴重な動物みたいです。

ハワイモンクアザラシ – Wikipedia

絶滅危惧種にも指定されており、ハワイでも1300頭ほどしか生息しておらず、150フィート以内には近づいてはいけない。触れば多額の罰金が課されるほど厳重に保護されております。この日もアザラシの周りにはコーンが設置され、その枠内に少しでも近づいた観光客がいれば監視員に注意されるとのこと。

が!

2,3時間はそこで日光浴しているため、動きもなく、そのうち観光客も飽きて・・・。

f:id:ocha-yumyum:20181104115449j:plain

この有様です。

だれもアザラシ見てない(笑)

最初は周りを人が囲んでいたのに、誰もカメラを向けていません。これはこれでなんだか悲しい。

f:id:ocha-yumyum:20181104120336j:plain

右の赤で囲んだ立ち入り制限のコーンなんかなくとも誰も近づかない。

一番近くにいる左側の人なんか

f:id:ocha-yumyum:20181104120501j:plain

アザラシに背を向けて、子供(?)が泳いでいるのを撮るのに夢中です。

マジで誰もカメラ向けてない(笑)

いやでも普通にかわいいよ。貴重だよ。

f:id:ocha-yumyum:20181104121549j:plain

でも本当にアザラシとウミガメを同日に見れるのは非常にラッキーとのことです。

湾内を一通り案内してもらい終了

トータル40分ほどで湾内を一通り回れます。地形は遠浅なんですが、所々岩があり、波も強いところ、弱いところがあります。長時間、隈なく楽しみたいなら安全なツアーがやっぱりおすすめですね。

f:id:ocha-yumyum:20181104122152j:plain

写真に写りきらなかったんですが、シマハギの群れも圧巻でした。これも近い!

余談ですが、海以外では猫とマングースがいるみたいですよ。

猫はかなり人懐っこいので自ら寄ってきます。

f:id:ocha-yumyum:20181104122553j:plain

マングース見れなかったのは残念ですが(笑)(正直ウミガメとアザラシ見れて最初に説明されたマングースのこと忘れていた)

マングースは保護されているというより、害獣って感じ。

まとめ

ここまで長々書きましたが、朝7時に出発して、ワイキキのホテルには12時には帰れました。午前中だけでここまで濃い時間を過ごせたのはこのビーチだからですね。

ハワイまで来てワイキキビーチだけでは物足りない。自然をもっと堪能したいという方にはおすすめです。

・ワイキキから30分ほどで自然を満喫できる。
・ウミガメに高確率で会える。
・運が良ければアザラシにも会える。
・効率よく、楽しむならガイド付きがおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました